HOME > 新オートレム方式
新オートレム方式

オートレム方式とは、粉砕した有機性廃棄物を油で揚げ、それを脱油し、バイオ燃料を作るシステムで、有機性廃棄物を100%丸ごと再資源化できます。

新オートレム方式は従来の油温減圧脱水処理方式(バッチ方式)と比べ、原料投入から製品層に貯蔵するまでの一連の工程を連続的に行うことができ、製品の均一化が可能となるなど、さまざまな点で優れた新システムです。

フジイでは、ひょうご新生環境株式会社と提携し、同社が持つオートレム油温減圧脱水システムの特許およびそれに付帯する諸特許の通常使用権を得て、共同して事業活動を行っています。

新オートレムⅠ型モデルプラント(ひょうご再資源化センター)